プレーンテキスト
図書
書影
テキストデータを表すアイコン

嗚呼朝日平吾

嗚呼朝日平吾

著者
奥野貢 著
原本の出版者
神田出版社
原本の出版年月日
大正11
製作者
国立国会図書館

この本を読むには ヘルプページへのリンク

視覚障害者等用データ送信サービスに登録している方はログインしてください。

ログイン

ログインするとテキストデータをダウンロードして読むことができます。

国立国会図書館デジタルコレクションで確認する

ご自身の端末でデジタル資料を読むことができるものもあります

書誌情報

資料種別
図書
タイトル
嗚呼朝日平吾
タイトルよみ
アア アサヒ ヘイゴ
著者・編者
著者標目
出版年月日等
大正11
出版年(W3CDTF)
1922
数量
364p ; 20cm
出版地(国名コード)
JP
本文の言語コード
jpn
対象利用者
一般
国立国会図書館永続的識別子
info:ndljp/pid/907927
コレクション(共通)
障害者向け資料
コレクション(障害者向け資料:レベル1)
コレクション(障害者向け資料:レベル2)
コレクション(個別)
国立国会図書館デジタルコレクション > デジタル化資料 > 図書
製作年(W3CDTF)
2008-03-31
記録形式(IMT)
image/jp2
デジタル化資料送信
図書館・個人送信対象
請求記号
特102-967
原資料(JPNO)
42002971
連携機関・データベース
国立国会図書館 : 国立国会図書館デジタルコレクション

目次

  • 標題

  • 目次

  • 一、 暗示

  • 一、 氣がかりの電話/1

  • 二、 僕の瞳の黒い中/5

  • 三、 勞働ホテルの失敗/10

  • 四、 『秘密書類だ』/15

  • 二、 意氣

  • 一、 其の前夜/20

  • 二、 『僕は旅行する』/24

  • 三、 決行

  • 一、 浅草橋で號外/26

  • 二、 電報通信社へ/31

  • 三、 『アツ、朝日君だ』/33

  • 四、 大日本救世團の冷淡/38

  • 五、 武士の情/43

  • 六、 菅野氏兄弟の義侠/49

  • 七、 大磯警察署に於て/51

  • 八、 深夜の墓地發掘/55

  • 九、 長生館の一夜/59

  • 一〇、 別邸椿事の眞相/66

  • 一一、 死の叫聲/77

  • 四、 遺骨

  • 一、 遺骨を收めて/90

  • 二、 山内の鴨緑江節/92

  • 三、 富士の裾野の大石寺/96

  • 四、 馬賊生活の囘顧/114

  • 五、 同情

  • 一、 新聞紙の發賣禁止/132

  • 二、 藤田邸の通夜/136

  • 三、 中村廣道師/140

  • 四、 内田良平氏/145

  • 五、 北一輝氏/147

  • 六、 名士と無名氏/151

  • 六、 告別

  • 一、 濕やかなる通夜/163

  • 二、 悲壯なる告別式/169

  • 七、 骨肉

  • 一、 人目を避けて/176

  • 二、 少年時代の朝日君/183

  • 三、 雨の安田家墓所にて/190

  • 八、 葬儀

  • 一、 野口日主師の引導/196

  • 二、 骨を埋めて/202

  • 三、 美人の紅涙/206

  • 四、 遺稿と遺書/212

  • 九、 追悼

  • 一、 安田翁と共に/226

  • 二、 『誰だらう』/232

  • 一〇、 事業

  • 一、 澁澤氏との關係/238

  • 二、 森村氏との關係/244

  • 三、 平民青年黨/248

  • 四、 達人館/252

  • 五、 神洲義團/259

  • 六、 勞働ホテル/265

  • 一一、 逸話

  • 一、 小供見たいな朝日君/272

  • 二、 食堂に寐せろ/274

  • 三、 小指の壜詰/277

  • 四、 別れの電話/282

  • 一二、 年表/283

  • 一三、 嗚呼朝日君/292

  • 一四、 世論/296

  • 附録旅順下獄記(朝日君遺稿)/297